出向とは

(画像:Unsplash

「出向」と聞いて、負のイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。 しかし、果たして「出向」は本当に良くないことなのでしょうか。 そこで今回は、「出向」について詳しく見ていきましょう。

出向の意味は「元々いる雇用主とは別の雇用主と雇用関係を結ぶ」

出向には「元々いる雇用主とは別の雇用主と雇用関係を結ぶ」という意味があります。言い換えると、「会社の所属先はそのままに、今の会社とは違う別の会社の業務などを請け負う」ということです。プロスポーツチームで例えると「期限付き移籍」のようなものと言えます。 ここで注意しておきたいのは、所属先は元の会社ですが、その元の会社の業務などには関わることができないということです。つまり、肩書以外は出向先の会社の社員と同じです。この点を頭に入れておきましょう。

出向は英語で「loan」

出向は英語では「loan」と言います。 「loan」は直訳すると「貸すこと」や「(一時的に)借りた物」という意味になります。 日本語の出向は出向される人の立場から見た言葉ですが英語を直訳すると経営者側の目線の言葉とも取ることができます。ここは英語と日本語の考え方の違いと言えるでしょう。 とはいえ、本質的な意味は同じですのでどちらも頭に入れておきましょう。

出向と「派遣」「転職」「転籍」「配転」の違い

出向と似た単語として「派遣」「転職」「転籍」「配転」が挙げられます。ここではそれぞれの違いについて見ていきましょう。 出向と派遣の違いは、業務の命令権の所在です。出向は出向先企業にありますが、派遣は派元企業にあります。 出向と転職は、従事する企業を会社の命令で移るのか、自分の意志で移るのかという違いがあります。 転籍は出向とは違い、在籍企業自体も転籍先の企業へ移ってしまいます。 配転は同じ企業内で勤務内容などが移ることです。出向とは企業が変化しない点が異なります。 このように、それぞれの言葉の違いはかなり複雑なものになっているので、一つ一つしっかりと確認しておくことが大切です。