本能寺の変の黒幕は明智光秀ではない?

本能寺の変の黒幕は別にいたのか

  • 光秀の謀反の黒幕説とは
  • 南海坊天海は光秀など光秀生存説も
  • 謀反の理由は怨恨か野望か

明智光秀が起こした本能寺の変には不明な点が多く今日まで様々な説が飛び交っています。 光秀の後ろに黒幕がにいたのではないかという説や光秀は殺されず生きていたとする説、南海坊天海は光秀とする説などがあります。 明智光秀が謀反を起こした理由もよくわかっておらず怨恨や野望などを挙げる説があります。

天下統一へ迫っていた織田信長

本能寺の変が起きる直前の織田信長は、足利義昭を京から追放して室町幕府を滅ぼし、天下統一を目前にしていました。 羽柴秀吉や柴田勝家などの家臣の軍を関東、北陸、中国地方などへ派遣して反抗勢力を追い込んでいる最中の安全な京で徳川家康を饗応した直後、家臣明智光秀の謀反に遭い、長男の信忠とともに最期を遂げました。

足利義昭を京から追放

織田信長は足利義昭を助けて室町幕府第15代将軍に就任させましたが、その後の義昭の振る舞いに幾度も苦言を呈します。 これに対して将軍就任当初は織田信長を御父と呼ぶなど織田信長に恩を感じていた足利義昭ですが、織田信長からの苦言や振る舞いによって対立するようになります。 武田信玄が京を目指して兵を動かすと足利義昭は呼応して挙兵してしまいます。しかし元亀4年(1573年)7月18日に織田軍に敗れて織田信長によって京から追放されてしまいます。この時が室町幕府の滅亡とされています。

家臣・明智光秀の突然の裏切り

天正10年3月に武田家を滅ぼし天下統一へあと一歩と迫っていた織田信長にとって中国の毛利氏は最後の難となっていました。そこで毛利攻めをしていた羽柴秀吉を援護するため明智光秀に出陣を命じると本能寺に入りました。 光秀の軍勢は天正10年6月1日に丹波亀山城を出陣すると、中国方面には向かわずに2日未明本能寺を襲撃しました。 明智光秀の突然の裏切りに遭い織田信長は自害しましたが、謀反の理由は今もわかっていません。このため、現在まで様々な説が流れています。