悪魔の詩訳者殺人事件の概要

1991年7月12日「反イスラム的」とされる小説「悪魔の詩」の翻訳者五十嵐一氏が大学のエレベーター前で何者かに殺されました。悪魔の歌訳者殺人事件とはどのようなものだったのでしょうか。

悪魔の詩訳者である五十嵐一が何者かによって大学内で殺害された

五十嵐一氏は新潟市出身の1947年6月10日生まれで、東京大学理学部数学科を卒業し東大大学院美学芸術学博士課程を修了しています。1976年から1979年までイスラム哲学の公的研究機関イラン王立哲学アカデミーに研究員として在籍しました。 五十嵐一氏は1990年にインド系イギリス人作家サルマンラシュディ氏の小説「悪魔の詩」を日本語に訳し、多くのイスラム教徒に非難されています。 ナイフによる殺害方法がイスラム圏特有の方法だったため、イラン政府等の関与が疑われました。

イスラム特有の殺害方法

五十嵐一氏に対し行われたイスラム特有の殺害方法は非常に残忍なものでした。具体的には首の左側2ヵ所と右側1ヵ所が頸動脈に達するほど深く切断されていました。 21世紀になってからもアルカイダやイスラム国(IS)などのイスラム過激派が頸動脈をナイフで切断する同様の方法で人質を殺害しています。 この殺害方法がイスラム特有であるといわれるのは、イスラム法の「シャリア法」に基づいて家畜を食肉処理する際の手順に似ているためです。