新型コロナウイルスの影響を受けにくい競馬

日本中央競馬会(JRA)は2月29日から無観客でのレースを開催してきましたが、今後も引き続き無観客でのレースを行うとしています。競馬など公営ギャンブルは無観客でもオンラインで投票券を購入することができることで感染リスクがないこと、また密集状態による集団感染リスクを少なくことを理由に挙げています。

無観客にすることで集団感染リスクは少ない

4月7日に発令された緊急事態宣言の影響で開催の行方に注目が集まっていましたが、JRAは無観客にすることで集団感染のリスクは軽減できるとし、12日に阪神競馬場で桜花賞、19日には中山競馬場で皐月賞のG1レースを開催する予定です。 ただ騎手の感染リスクを軽減するために土曜日、日曜日で異なる競馬場へ移動しての騎乗を認めない方針です。 JRAでは職員3人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されており、関係者への感染が広がった場合は開催の中止もあり得るとしています。

オンラインで馬券は購入できる

国内メディアによるとJRAのインターネット競馬投票サービス「即PAT」への加入者数が激増し、2月23日までに前年の約4.95倍となる14,743件になったと伝えています。 電話や複数のオンラインサービスを合わせた投票券購入者は444万9,241人で、無観客でも馬券売り上げを維持することができる大きな要因となっています。 オンラインでの馬券の購入額は通常の販売数より大きくなる傾向にあり、1人当たりの購入平均額は3月8日現在で約1万8千円となり、昨年の平均1万6千円より2千円増となっています。