稀有/希有の読み方は「けう」「きゆう」の2通り

稀有/希有の読み方

稀有/希有の読み方(画像:Unsplash

「稀有」と「希有」という2つの漢字は、読み方も意味も全く同じ単語ですが、その事自体があまり知られていない言葉です。 この見出しでは「稀有」と「希有」の読み方や、よく間違って使われる言葉についても説明していきます。これらの言葉の基本となる説明なので、しっかりと読み進めてください。

稀有と希有は読み方が同じ

冒頭でも説明したとおり、「稀有」と「希有」は読み方が同じで、どちらも「けう」「きゆう」と読みます。「稀」と「希」がどちらも「キ」「ケ」「まれ」と読み、「有」が「ウ」「ユウ」「ある」と読みます。 「けう」「きゆう」どちらの読み方も、それぞれの漢字の音読みを合わせて読んでいます。「稀」は日常生活で頻繁に使う感じではありませんが、のぎへんに「希」がついているので、ここから簡単に読み方を想像できます。

稀有と希有は意味も同じ

「稀有」と「希有」は意味も同じです。どちらも「珍しい」「不思議・奇妙だ」「意外なこと・とんでもないこと」という意味で使われます。 それぞれ意味する内容は異なりますが、どれも元になっている意味は「めったにない」です。「稀有」と「希有」両方を訓読みで読むと「まれにある」となるので、ここから「めったにない」という意味をイメージすれば、全ての意味が理解しやすくなります。

稀有/希有と杞憂の誤用

「稀有」と「希有」はどちらも「きゆう」と読むと紹介しましたが、「杞憂」という単語も「きゆう」と読むため、よく間違った使い方をされてしまいます。 「杞憂」は「取り越し苦労」「不安に思わなくても良いことまで不安に感じてしまう」という意味で、「稀有」や「希有」とは全く意味が異なります。「稀有」「希有」と「杞憂」は同音異義語になるので、しっかりと区別しておきましょう。