物見遊山の読み方は「ものみゆさん」

「物見遊山」は「物」「見」「遊」「山」という4文字で成り立つと同時に、「物見」「遊山」という2つの熟語で構成されています。 「物見」は訓読み、「遊山」は音読みされます。そのため「物見遊山」は「ものみゆさん」と読みます。「ものみゆうさん」あるいは「ものみゆざん」と、間違った読み方をしないよう注意してください。

物見遊山(ものみゆさん)の意味は「様々なところを見物するなどして遊びまわるということ」

「物見遊山」に含まれる「物見」には、「物事を見る」「見物する」「視察する」という意味があります。一方の「遊山」は、「山野で遊ぶ」「名所を見る」「行楽に出かける」「催し物を楽しむ」という意味です。 この2つの熟語を組み合わせた「物見遊山」とは、「気晴らしをするために様々なところを見物するなどして遊びまわる」という意味です。ある意味、「観光旅行」や「娯楽」を指しているともいえます。

物見遊山(ものみゆさん)の語源と由来

「物見遊山」は、仏教に由来します。「遊」は「好きに歩く」、「山」は「寺」を表しています。禅宗の僧は1つの寺で修業を終えると、次に向かって移動するのが常でした。当然徒歩での移動でしたが、その際は自然を楽しみながら自由に歩くことができました。それが語源となっています。 しかし「物見遊山」という四字熟語が定着したのは、江戸時代といわれています。その背景には、江戸時代にお伊勢参りという名目で物見遊山を行うことが盛んになったことがあります。

物見遊山(ものみゆさん)の使い方と例文

「物見遊山」は「観光旅行」や「娯楽」を指す四字熟語ですが、使い方は楽しい時に限りません。楽しむことを目的にポジティブな表現で使われることもあれば、楽しむことを非難する使い方で用いられることもあります。 ここでは「物見遊山」について例文を交えながら、ポジティブ・ネガティブそれぞれの使い方を紹介します。