高尚とは

日常的に使う言葉ではありませんが、見聞きする頻度の高い熟語に「高尚」があります。使われ方が限定される傾向があるため、正しい意味を知らずに使っている人もいるようです。 ここでは「高尚」の読み方や意味について、わかりやすく説明します。

高尚の読み方は「こうしょう」

「高尚」は「高」「尚」の2文字で構成されています。これを共に音読みするため、「こうしょう」と読みます。 「高尚」の語源は不明ですが、幕末から明治にかけて活躍した福沢諭吉が残した言葉に使われています。その名言の一つに「理想が高尚でなければ、活動もまた高尚にならない」があります。 なぜこの名言に使われたのかは、「高尚」の意味を知ることで理解できるはずです。

高尚の意味は「知的で品があること」

「高尚」は「知的や品性が高い」「上品である」「気高く立派である様子」という意味を持ちます。そして「尊敬に値する」という気持ちも込められた言葉です。 「高尚」が使われた四字熟語には「心事高尚」があり、「心中で考える内容が上品で立派である」という意味で使われます。 時には「俗っぽくない」という意味で「高尚」が使われることもあります。詳しい使い方は後述しますが、自分に使う言葉ではありません。

高尚の類語は「高貴・気高い・崇高」

「高尚」の類語を調べると、複数の熟語があがってきます。その代表例が、「高貴」「気高い」「崇高」などです。ですが「高尚」とそれ以外の類語では、ニュアンスが異なります。 ここでは「高尚」と「高貴」「気高い」「崇高」それぞれの違いについて説明します。