垂涎(すいぜん)の意味と使い方は?

(画像:Unsplash

意味を的確に理解せずに感覚で使用する人が多い言葉の一つである「垂涎」の読み方は、「すいぜん」が正式です。しかし慣用読みといわれる正式ではない読み方の場合では「すいえん」と読みます。現在でも慣用読みする人がいるようですが、ビジネスシーンは「すいぜん」と読みましょう。 「垂れる」という意味の「垂」と「よだれ」を意味する「涎」で構成されており、直接的な意味では「食べたさゆえによだれを垂らしてしまう様子」を指します。しかし実際にはそれが転じて、「特定のものを手に入れたいと強く思う」あるいは「何としても欲しいと熱望する」という意味で用いられるのが一般的です。

垂涎の類語は「喉から手が出るほど欲しい」

(画像:Unsplash

「垂涎」の類語は何種類かあります。「よだれを垂らす」や「舌なめずりする」「喉が鳴る」「渇望する」「切望する」などが、具体例としてあげられます。 そんな中でも「垂涎」に最も意味が似ているものといえば、「喉から手が出るほど欲しい」でしょう。これは「とても欲しくてしかたがない」ことを意味することわざで、誰もが一度くらいは聞いたことがあるはずです。 「垂涎」も「特定のものがどうしても欲しい」ことを指しますが、「喉から手が出るほど欲しい」には「食べたくて仕方がなくて喉の奥から手が出て食べ物をつかみそうなほど」という激しさが加わります。その違いを覚えて使い分けることをおすすめしますが、根本的な意味は同じだと覚えておきましょう。

垂涎の使い方と例文

(画像:Unsplash

「垂涎」は状況によって、表現を使い分けする必要がある熟語です。具体的には「垂涎の的」や「垂涎の思い」「垂涎もの」「垂涎の地」「垂涎の品」などがあげられます。しかし日常生活の中で頻出する表現とはいえません。 ここでは特に使用頻度の高いとされる「垂涎の的」と「垂涎の思い」、そして「垂涎もの」の3つを例文も合わせて解説します。対象やシーンの違いに着目してみてください。

例文①垂涎の的

「垂涎の的」は「すいぜんのまと」と読みます。 ・有名アーティストのアマチュア時代の限定CDを持っているなんて、ファンにとっては垂涎の的ですね。 ・あのクオリティのダイヤモンドは愛好家にとって垂涎の的です。 「垂涎の的」は「何としても手に入れたい」ことを意味します。そこには貴重であるだけでなく人気がある、あるいは他者がうらやむものであるというニュアンスが含まれます。 似た使い方に「垂涎の地」があり、その場合は対象が場所です。そして「垂涎の品」となるとより希少性が高いものを対象とします。いずれにせよとても貴重な物を対象に使われることが多いと覚えておきましょう。