秋元司衆議院議のIR関連の中国企業からの不正資金の可能性問題

秋元司議員が収賄で事情聴取

  • 秋元司議員が中国企業から現金を受け取りIR施設誘致活動を有利にしようとした疑い
  • 秋元司議員と中国企業500ドットコムの関係はIR計画担当の副大臣になってから始まる
  • カジノ法案の成立と候補地選定の行方は・地元住民から反対の声も

500ドットコムが数百万円の現金を不正に日本国内に持ち込み為替法違反容疑

中国深圳に本社を置く中国企業の500ドットコムは、インターネットゲームやスポーツくじなどを手掛ける企業で、この件では多額の現金を国内に不正に持ち込んだとされ捜査を受けています。 日本の外為法では、100万円を超える現金を持ち込む場合は税関への申告が義務付けられていますが、同社はそれを怠っていました。 現金は同社の日本法人を通じて秋元司議員の秘書らを経由し、秋元司議員に渡っていた模様です。また、この現地法人は誘致計画を進める北海道留寿都村(るすつ)にも出資していました。

警察が秋元司衆議院議との関連性や収賄の可能性を捜査

秋元議員とこの500ドットコムの関係が始まったのは、秋元司議員がIR推進の超党派議連に所属し、2017年7月の内閣改造でIR担当の副大臣になってからといわれています。 秋元議員は、500ドットコムが投資を検討していた留寿都村や国交省で同社と面会していたことが分っています。また、同社主催の那覇市のシンポジュウムでも基調講演を行っており、沖縄へのIR誘致をPRしていました。 こうした秋元議員の動きは、同社がIRの候補先へ移動するのにリンクしており、この間に金銭のやり取りがあったと見て捜査が進んでいます。

秋元司はIR誘致推進派の衆議院議員

秋元議員は、かねてからIR事業の推進派として活躍しており、世界の富裕層の誘致を進める研究会「KIWAMIプロジェクト研究会」を立ち上げるなどIR 計画には前向きでした。 2016年12 月には衆議院議員内閣委員会の委員長としてIR計画を進める法案を採択しています。 これらの活動が認められIR計画担当の国土交通副大臣及び内閣副大臣に抜擢されていました。では、秋元議員はどんな経歴を持つ人物なのでしょうか。