ロス疑惑の概要

当時日本でも大きく取り上げられたその事件は日本人の夫婦が銃撃事件に巻き込まれ、夫人が死亡するというセンセーショナルなものでした。 事件が起きたのがロスだったために「ロス疑惑」、もしくは「疑惑の銃弾事件」と呼ばれ、話題になりました。やがて妻に多額の生命保険が掛けられていたことから、科学的な根拠や証拠もなく夫に疑惑の目が向けられていきます。 事件は渦中の人物の名をとり「三浦和義事件」や「三浦事件」とも呼ばれ、報道もまた次第にエスカレートしていきました。 保険金目当ての殺害事件はこちらの記事をチェック↓

1981年にアメリカで日本人夫妻を襲った殺人事件

日本人の夫妻を襲った残酷な事件は、アメリカロサンゼルス市内で発生しました。 1981年11月夫妻はロスに滞在していましたが、拳銃を持った2人組の男性に襲われてしまいます。頭を撃たれた妻は、不運にも意識不明の重体になり、夫もまた足を負傷しながらも犯人の情報を警察に伝えました。 日本と違いアメリカでは珍くはない拳銃による犯罪に、夫妻は巻き込まれ、運が悪かったと思われていました。しかし犯人は捕まらず重体だった妻は同月末、移送先の日本の病院で帰らぬ人となりました。

被害者の夫である三浦和義に疑惑がかけられた

ロス滞在中に妻を思わぬ形で亡くした夫はワイドショーなどにもたびたび出演し、その心境を語っています。しかし妻に多額の生命保険が掛けられていたことが暴露され、同情の目は疑惑の視線へと移り変わります。 夫は妻をお金のために殺したのではないかと、マスメディアが報道するときなどにも決めつけるような発言なども多くなり、真実は置き去りに三浦和義のプライベートまでさらけ出すようになりました。 保険金を巡る殺人事件はこちらからチェック↓

事件の経緯

発端は1981年に起きたホテル殴打事件で、さらに間を置かず銃撃事件に巻き込まれた際に妻は死亡し、夫も負傷しました。 不運な事件に巻き込まれてしまったために妻を失ってしまった三浦に、なぜ疑惑の目が向けられるようなことになったのでしょうか。また三浦が逮捕される経緯なども順を追って詳しく見ていきましょう。