少年ライフル魔事件の概要

少年ライフル魔事件は1965年7月神奈川県の山林で発生した事件です。山林で銃を撃っていた少年が通報され、警察官と撃合いになりました。少年はこの時に警察官1人を殺害し、逃亡して銃砲店へ立て籠もるなど大事件へと発展します。

銃を好む少年が山中で発砲

1965年7月29日当時18歳だった犯人の少年は神奈川県座間町(現在の座間市)の松林で、空気銃を使用してスズメなどに向かって発砲していました。 少年は幼少期から銃に強い憧れを持っており、たびたび射撃場に通うほど銃の扱いになれていたようです。しかし射撃場以外で発砲するのはこの日が初めてでした。 少年が銃を撃っていた場所は猟銃などの使用禁止区域だったことから、まもなく警察へ通報されます。一説には自分で通報したともいわれていますが、さだかではありません。

駆けつけた警察官に発泡し殺害

通報を受けて駆けつけた警察官1名は銃の使用をやめるように呼びかけて、少年を注意しました。 気分を害した少年は脅すつもりで警察官に銃を向け、発砲してしまいます。しかし銃の狙いは外れ、少年は誤って警察官の胸部を撃ち抜いてしまいました。 撃たれた警察官はピストルで反撃しようとしたようですが、少年が空気銃で殴りつけたことがトドメとなって死亡しました。こうして少年は衝動的に殺人を犯してしまいました。