質実剛健(しつじつごうけん)の意味・使い方!不撓不屈などの類語も解説!

ビジネス用語

2019年4月26日

「質実剛健」は男性だけにしか使えないのでしょうか。分かっているようでいざとなると使い方に不安を覚える言葉が幾つかありますが、「質実剛健」もその一つです。今回ビジキャリではこの「質実剛健」に着目して、正しい意味だけでなく類語や対義語も解説しますので参考にしてください。

「質実剛健」(しつじつごうけん)の要点

  • 意味:「しっかりしていて真面目なこと」
  • 例文:「彼は仕事への取り組み方も真剣で、質実剛健な人だ。」
  • 類語:「剛毅朴訥(ごうきぼくとつ)」「不撓不屈(ふとうふくつ)」「実直」
  • 対義語:「巧言令色(こうげんれいしょく)」「不甲斐ない」
  • 英語:「straight and sturdy」

質実剛健の読み方は「しつじつごうけん」

質実剛健の読み方

「質実剛健」は「しつじつごうけん」と読みます。どの漢字も普段使う漢字の読み方がそのまま当てはめられていて、特殊な読み方に変わる漢字はありません。基本的な音読みができれば簡単に読むことが出来ます。 「質実剛健」という四字熟語は日常生活で頻繁に使われるものではありませんが、ビジネス書籍などで時々目にすることがありますので、正しい読み方を知っておく必要があります。

質実剛健の意味は「真面目でしっかりしていること」

質実剛健の意味

「質実剛健」の意味は「しっかりしていて真面目なこと」です。この四字熟語は「質実」と「剛健」という2つの単語を合わせたものなので、それぞれの熟語の意味を考えてみると分かりやすいです。 それぞれの熟語の意味は、「質実」の意味は「質素で誠実なこと」「隠し事をせず、真面目な性格」です。そして「剛健」は「男らしい」「心身ともにしっかりしていて逞しいこと」という意味です。

質実剛健の使い方

質実剛健の使い方

「質実剛健」の正しい読み方と意味は理解できましたでしょうか。使われている漢字からイメージしやすい意味なので、覚えやすい意味だと思います。 次は、「質実剛健」という言葉をどのように使うかを紹介します。それぞれの見出しで例文も紹介しているので、意味が通るかを確認しながら読み進めてみてください。

例文①男性に対して

1つ目は男性に対して使う時の例文です。

例文

  • 彼は仕事への取り組み方も真剣で、質実剛健な人だ。

例文では、彼がいつも真剣に真面目に仕事に取り組んでいる様子を見て、「真面目でしっかりしている」という意味を込めて、「質実剛健な人だ」と言っています。「質実剛健」は言葉の意味や語感からも分かる通り、男性に対して使う場合は褒め言葉として使うことが出来ます。例文でも彼のことを褒めています。

例文②女性に対して

2つ目は女性に対して使う時の例文です。

例文

  • 彼女は質実剛健な性格の持ち主なので、すぐに管理職に登用された。

例文では、彼女の実直に仕事に取り組む様子が上司に評価されて、管理職の地位を与えられたという意味です。例文のように、女性に対して「質実剛健」と使うのは間違った使い方ではありませんが、語感に「たくましさ」「身体的に強い」といったニュアンスが出るため、「芯が強い」等他の表現をしたほうが良いです。

例文③ものに対して

3つ目はものに対して使う時の例文です。

例文

  • 質実剛健。落としても画面にヒビが入らないiphoneケース。

例文のようにものに対して「質実剛健」を使うのは誤った使い方です。例文は物販のサイトで見られる商品紹介のキャッチコピーですが、「質実剛健」は「真面目でしっかりしている」という人の性格を言うものなので、ものには使いません。ものに対して「しっかりしている」という時は「堅牢(けんろう)」を使います。

質実剛健の類語

質実剛健の類語

「質実剛健」は人の性格を言うものなので、ものには使わないように注意する必要があります。 次は「質実剛健」と意味が類似する熟語を3つ紹介します。四字熟語を2つと、2字の熟語を1つ紹介しますが、それぞれの意味の類似点と相違点を確認しながら読み進めていきましょう。

類語①剛毅朴訥 (ごうきぼくとつ)

「剛毅朴訥」は「ごうきぼくとつ」と読みますが、意味は「意志が固く、性格は飾り気がなくしっかりしている人」のことを言います。「剛毅」は「意志が固い」「心が強い」という意味で、「朴訥」は「飾り気がなく、口数が少ない様子」という意味です。 つまり、「質実剛健」に比べて「意志が固い」「心が強い」という意味と、「口数が少ない」という意味が付け加えられているので、少し意味が異なります。

類語②不撓不屈(ふとうふくつ)

「不撓不屈」は「ふとうふくつ」と読みますが、意味は「硬い意志を持っていて、どんな困難にもくじけない様」のことを言います。「不撓」は「困難な状況でもひるまない」という意味で、「不屈」は「困難な状況でも意志を貫くこと」という意味です。 つまり、「質実剛健」のような「真面目さ」や「しっかり者」というよりは、「くじけない」「ひるまない」という意味が強くなる言葉です。

類語③実直(じっちょく)

「実直」は「じっちょく」と読みますが、意味は「誠実で、真面目なこと」「裏表がないこと」という意味です。使われている漢字から「誠実」「真っ直ぐ」というニュアンスをイメージすれば意味がわかります。 「質実剛健」のような「真面目でしっかり者」という意味に加えて、「誠実さ」「裏表がない」という意味が付け加えられるので、どちらの意味を表現するかによって使う言葉を選ぶ必要があります。

質実剛健の対義語

質実剛健の対義語

「質実剛健」には「剛毅木訥」「不撓不屈」「実直」という3つの類語がありましたが、それぞれ「意志が固く飾り気がない」「困難な状態でもくじけない」「誠実で裏表がない」という意味でした。 次は「質実剛健」の対義語を2つ紹介します。こちらも、どの点が「質実剛健」と異なるかを意識して読んで見てください。

対義語①巧言令色(こうげんれいしょく)

1つ目の対義語は「巧言令色」で、読み方は「こうげんれいしょく」です。この四字熟語は「巧言(口先だけ上手く言うこと」「令色(人の顔色をうかがって媚びること)」という意味です。 「質実剛健」は「真面目でしっかりしている」という意味で、「口先だけがうまい」「媚びへつらう」ことのない人のことを言っているので、これらの2つの四字熟語は逆の意味になります。

対義語②不甲斐ない

2つ目の対義語は「不甲斐ない」です。この言葉の意味は「しっかりしていなくて、だらしがないこと」「意思を通そうとする力がなく、情けなく思うこと」です。 「質実剛健」の対義語に当たるのは「しっかりしていなくて、だらしがないこと」という意味です。この意味の「不甲斐ない」では「真面目さ」や「しっかり者」とは真逆の人間性を描写していることになるので対義語となります。

質実剛健の英語は「straight and sturdy」

質実剛健の英語

「質実剛健」は英語では「straight and sturdy」となります。

Sound Listen the english sentence

He is straight and sturdy in company management.

彼は質実剛健で、会社経営も堅実に行っている。

「straight」は「正直な」「公明正大な」という意味で、「sturdy」は「堅実な」「しっかりした」という意味なので、合わせて使うことで「質実剛健」となります。

まとめ

まとめ

「質実剛健」は「真面目でしっかり者」という意味の四字熟語なので、人の性格・性質について表現するときのみ使える四字熟語です。 また様々な類義語・対義語もありますが、それぞれの言葉の意味の類似点と相違点を整理して、正しい言葉を使えるようにしておきましょう。


関連記事