1分でわかるピザ配達人爆死事件

1分でわかるピザ配達人爆死事件

  • ピザ配達人ブライアン・ウェルズが爆弾で脅されて銀行強盗を行った
  • ブライアン・ウェルズは強盗後に爆死し、事件の詳細が不明になった
  • 別の死体遺棄事件がきっかけとなって真相と主犯が判明した

ピザ配達人爆死事件の概要

ピザ(画像:pixaboy

事件が起きたのは2003年8月28日、アメリカのペンシルバニア州北西にあるエリー市でした。銀行強盗をしたピザ配達人ブライアン・ウェルズが、警察官に追い詰められた後に時限爆弾で爆死した事件です。 動機などが不明の事件でしたが、後に別の死体遺棄事件から主犯が発覚したことで、真相が明らかとなりました。

ピザ配達人爆死事件が起きるまで

強盗(画像:pixaboy

ブライアン・ウェルズはピザの配達先で爆弾を付けられ、事件の主犯から銀行強盗を指示されました。 事件発生の経緯や強盗の手口、事件後のブライアン・ウェルズの最期などについて詳しく紹介します。

ピザ配達人のブライアン・ウェルズが銀行強盗を指示される

ブライアン・ウェルズは8月28日、注文を受けて店からピザの配達に出かけました。ピザを届けたブライアン・ウェイルズは、そこで待ち構えていたケネス・バーンズと彼の仲間達によって、時限爆弾をつけられてしまいます。 爆弾をつけられたブライアン・ウェルズはショットガンと行動指示書を与えられ、銀行強盗するようにを命じられました。 一見すると事件に巻き込まれた被害者のように思えるブライアン・ウェルズですが、実は最初からケネス・バーンズの一味で、仲間に裏切られたというのがFBIの見解です。