経済でのトレードオフの例

増税と社会保障の関係は経済におけるトレードオフの最適な例です。 増税によって国の歳入が潤沢になれば、国民皆保険による医療費負担・年金・雇用保険などの社会保障が充実し国民の生活は豊かになります。 しかし増税すれば国民の負担は増加する事になり、増税案は反対され社会保障のさらなる充実が難しくなってしまいます。

日常生活でのトレードオフの例

日常生活におけるトレードオフとして考えられるのは労働時間とお金について考えられます。 趣味や旅行にかける時間を増やすために労働時間を減らせば稼げるお金は少なくなってしまいます。 逆にお金を稼ぐために沢山働けば趣味や旅行などにかける時間は少なくなってしまいます。

そのほかでのトレードオフの例

その他にトレードオフの状態として考えられるのは食欲とダイエットの関係が考えられます。 甘いものが好きな人が食欲に任せてスイーツを食べてしまえば、体重を減らすというダイエットの目標を達成することはできません。 逆にダイエットをすることになれば甘いものが食べられず、好きなものを食べて食欲を満たす事は出来なくなります。

トレードオフという言葉の使い方とその例文

例文

例文(画像:Unsplash

ここではトレードオフという言葉の実際の使い方を例文を交えてご紹介します。 ビジネスシーンでは頻繁に登場する言葉で正しい意味を理解しておく必要がありますので、紹介する2つの例をよく確認してみてください。