「job title」の意味は「肩書き」

(画像:Unsplash

「job title」は「肩書き」を意味し、英文履歴書等の記入時に必要になる知識です。例えば日本の履歴書に職歴を書く時、何も役職がない場合は何も書かないか、必要であれば「役職無し」と書きます。 それに対して特に決まった様式はない英文履歴書は、職歴を書く際に「job title」として役職名や肩書きを明記するのが一般的です。これは役職を持っていない平社員でも同様です。 今回はこの「job title」のさまざまな種類と書き方、例文を紹介し、後半は類義語とのニュアンスの解説をします。

「job title」の種類

(画像:Unsplash

「job title」というのは、要は日本での名刺に書かれている役職名です。企業側にとって採用時に役立つ情報が正しく提示されることは重要なことです。 役職名はそれぞれの会社や企業、職種によって変わってきますので、今回は一般企業で多く使われている役職名の「job title」を主に紹介していきます。

研修生

「研修生」「見習い」を表す単語に「trianee」、また「助手」を表す単語に「intern」等があり、それぞれ以下のように使用できます。 ・the position of a trainee in a medicine(医学実習生という立場) ・technical intern(技能実習生) 「the position of trainee in~」で「~研修生という立場」と表現できます。この~の部分に自分の専門分野をいれると良いです。これらの他にも「Part-timer」で「アルバイト」というものもあります。

社員

何も役職はないけれど配属されている部署がある方は「Staff」を使用して部署名を明記します。部署や役職が全くない「会社員」という立場の場合は「Employee」で表現できます。 ・Staff Recruiter(人事・採用担当) ・Employee(社員・会社員) ・Sales Assistant(営業アシスタント・補佐・事務) ・Personal Assistant(秘書) 例文の上2つが普通の「社員」という表現で使い、下2つのように「assistant」を使って「補佐」という表現をすることも可能です。