小平事件が起きた時代は戦時中で食料不足、仕事不足が慢性化

小平事件の被害は1945年中頃から出始めました。 1945年と言えば第2次世界大戦の末期です。敗戦直前の日本は空襲で街が荒廃し、物資は枯渇していました。戦時中はもちろんのこと、戦後になってからも食糧難は深刻な問題でした。ろくな仕事もなく、人々は食べ物を買うお金にすら困っている状況だったのです。 判明しているだけで7名もの女性が犠牲となるも戦後の混乱期ということもあって犯人はなかなか捕まりませんでしたが、約1年後に犠牲者の遺留品などから容疑者が浮かび上がりました。 犯人は死刑となりましたが、事件後に同様の手口の犯罪が何度か起こっています。

小平事件の概要

事件は最初の犯行から約1年3ヶ月間もの長期間にわたって行われました。なお、事件名は犯人である小平義雄(こだいらよしお)の名前を取ってつけられたもので、同名の地名とは無関係です。 事件の詳細や手口については以下の項目で詳しく紹介していきます。

小平義雄による連続強姦殺人事件

小平事件の最初の被害者は1945年5月25日に出ました。当時、第一海軍衣糧廠で働いていた小平義雄は、女子寮に侵入して女性隊員を強姦して殺害しました。 次の犯行は6月23日のことです。東武鉄道の新栃木駅で主婦に声をかけ、言葉巧みに山中に誘い込んで強姦し、やはり殺害しています。 以後の小平義雄は短い時には数日、長くて数ヶ月の間隔で次々と20代前後の女性を手にかけていきました。犠牲になった女性の数は判明しているだけで7名にのぼります。