新型コロナウイルスがヨーロッパやアメリカで拡大したことを受け決断か

WHOは世界で感染が拡大している新型コロナウィルスに関して、3月11日スイスのジュネーブで開かれた記者会見で、新型コロナウィルスはパンデミックの状態にあると発表しました。 これはアメリカやヨーロッパで関せ印が拡大していることを受け決断したと見られています。この発表により感染が確認されている国に対して対策の強化を要請しました。

武漢では感染者数増加が鈍化傾向

新型コロナウィルスの発生源となった中国の武漢市では1月23日から外部との交通網を遮断する封鎖措置が取られました。それ以降感染者数は徐々に減り、現在では鈍化傾向になっています。 専門家の間では感染拡大がピークアウトしてきているとの見方も出ています。

一貫してパンデミックではないと主張していたWHO

WHOのテドロス事務局長は新型コロナウィルスの状況について、世界的大流行を示すパンデミックではないと主張していました。しかしアメリカやヨーロッパの感染者数の増加や中国以外での感染拡大を受け、緊急かつ積極的な対応を求めるべく一転して3月11日にパンデミック宣言を発表することになりました。