ボーイングのマレンバーグCEOが辞任

ボーイング737MAXの問題でマレンバーグCEO辞任

  • 旅客機ボーイング737MAXで相次いでトラブルが発生
  • マレンバーグCEOが事実上の引責辞任を発表した
  • ボーイングの株価は回復したが、信頼まで戻るかが今後の課題

アメリカの大手旅客機メーカーのボーイング社は、2019年12月22日に最高責任者(CEO)兼社長だったデニス・マレンバーグ氏の辞任を発表しました。ボーイング737MAXの相次ぐトラブルを受けてのことと見られています。 後任には現在の会長デービッド・カルフーン氏が決定しており、CEOと社長を兼任するようです。この発表で2019年3月以来下落していたボーイング社の株価が上昇しました。

墜落事故の責任を取る形に

ボーイング社は2017年から旅客機ボーイング737MAXを市場に送り出しました。ところが2018年後半から、ボーイング737MAXでトラブルが続出し、墜落事故が2度も起きてしまいます。 ボーイング社はボーイング737MAXの2度目の墜落事故以降、ボーイング737MAXの運航を停止して辞退の究明に取り組んできましたが、株価が20%以下まで下落していました。 ボーイング社ではいまだに混乱が続いているため、今回のデニス・マレンバーグ氏の辞任は墜落事故の責任を取った形であると言えるでしょう。

ライオン航空機

ボーイング737MAXの最初の墜落事故は2018年10月29日に発生しました。 ジャカルタの格安航空会社ライオン・エアで運航されていた機体が、離陸直後に海へ墜落しました。この事故で乗員8名と3名のを含む乗客181名の全員が死亡しました。 ライオン・エアの発表では、事故前日に事故機でトラブルがあったものの、メンテナンスマニュアルに従って整備が完了していました。