シンギュラリティ(技術的特異点)とは

シンギュラリティとは人工知能が自律的に進化し、人間より遥かに優れた超知能を獲得するという仮説です。人工知能の進化は2045年頃にピークを迎えるとされ、その時には様々な問題が起こると予想されています。

1956年から今に至るまでの人工知能の変遷

人工知能の歴史はおおまかに3つに分けられます。それぞれ以下の通りです。 ・1956年からの黎明期。2度の人工知能ブームがあったものの技術的問題で長らく停滞 ・2000年代の過渡期。計算技術の飛躍的向上とディープラーニングの発明で第3次人工知能ブーム到来 ・2012年以降の成熟期。産官学の現場で人間並みの高度な汎用人工知能が開発され始めた

2045年問題が話題に

発明家レイカーツワイルは技術の進歩が18ヶ月で2倍になるムーアの法則と、画期的発明が連鎖する収穫加速の法則によって、2045年頃にシンギュラリティが来ると予想しています。 具体的には2029年頃に人工知能が人間以上の知性を獲得し、人間の手を離れた人工知能が自ら予測不能の進化を始め、2045年には安価なコンピューターとして世界的に普及すると言われています。その結果ほとんどの仕事で、人工知能が人間に取って代わるのが2045年問題です。