教員の働き方改革の背景

教員の働き方は、生徒に向き合う仕事なので、勤務が長時間化してしまうことや慢性的な時間外勤務など問題点が山積みです。 文部科学省は2016年に教職員の勤務実態を調査した上で、教育現場での働き方の改善に向けて動き出しました。

過労死ラインの残業時間・長時間労働、部活なども負担に

教員の勤務実態は想像以上に過酷です。中でも過労死に至るほどの長時間労働や、部活の顧問としての活動も大きな負担になっています。 長時間勤務による弊害として、精神的な病を患うケースがあり、授業の準備ができない事例もあるほど深刻な問題になっています。

学校教育を維持・向上し持続可能なものに

学校で働く教員の労働環境を改善することは、教育の維持向上に直接関わるものであり、子供たちが学ぶ場所の環境整備にもつながります。 働き方改革では、学校組織の中で蔓延化していた業務を整理し、改善していくことで教育現場の在り方が問われています。