1分でわかるトムラウシ山遭難事故

トムラウシ山遭難事故とは

  • 2009年に北海道のトムラウシ山で起きた山岳遭難事故
  • ツアーガイドも含めて8名が低体温症で死亡
  • 観光庁がツアーを主催した旅行会社に対し厳正な処分を下した

【関連記事】山で起きた事故についてはこちら

トムラウシ山遭難事故の概要

「トムラウシ山遭難事故」は、2009年7月26日に北海道で発生しました。7月だったにも関わらず低体温症で多くの死亡者を出したことで有名で、ツアー客15名とガイド4名が参加した夏山登山で、8名が命を落としました。 遭難事故が起こったのが夏であることを考えると、死者の数が近年まれにみる惨事ともいえます。 そのため2009年8月25日から5日をかけて、日本山岳ガイド協会が設置したトムラウシ山遭難事故調査特別委員会による調査が行われたほどでした。ここでは「トムラウシ山遭難事故」の経緯と概要について、詳述します。

アミューズトラベルの企画したツアーで「コンビニ登山」だった

「トムラウシ山遭難事故」における犠牲者は、アミューズトラベルという旅行会社が企画した「トムラウシ登山ツアー」に参加していました。そのツアーでは2泊3日の予定で、トムラウシ山から旭岳を縦走する予定になっていたのです。 そしてこのツアーは、「コンビニ登山」の一つでした。コンビニ登山とはガイドに従うだけで良い、山仲間がいなくても1人で手軽に参加できる企画を指します。山行計画の立案やガイドブック・地図の読み込みなどが不要なので、山登り初心者に人気です。

トムラウシ山の2泊3日のツアーの最終日に事故が発生

トムラウシ登山ツアーは、2009年7月14日にスタートしました。登山計画書によると旭岳ロープウェイで標高1,600メートルの姿見駅(山頂駅)まで上り、そこから大雪山系の主稜線を縦走してトムラウシ温泉に下山するという行程でした。 1日目と2日目は体調不良のツアー客はいたものの予定通り、白雲岳避難小屋とヒサゴ沼避難小屋に到着し宿泊しています。 しかし登山ツアー最終日となる同月16日に「トムラウシ山遭難事故」が起こってしまいました。