「他山の石」(たざんのいし)の要点

  • 意味:「他人の失敗を自身に活かす」
  • 由来:「『他山の石以て玉を攻むべし(たざんのいしもってたまをおさむべし)』という漢文」
  • 例文:「今回の競合企業の失敗は、他山の石と考えるべき事態だ。」
  • 類語:「人のふり見て我がふり直せ」「反面教師」「対岸の火事」
  • 対義語:「爪の垢を煎じて飲む」「薫陶を受ける」
  • 英語:「learn ... from ~」「profit by」

他山の石(たざんのいし)の意味は他人の失敗を自身に活かす

他山の石の意味

他山の石の意味(画像:Unsplash

この記事では、「他山の石」の類義語・対義語・英語表現まで紹介していきますが、まずは基本的な読み方や意味を押さえておきましょう。「他山の石」は「たざんのいし」と読みます。漢字そのままの読みなので簡単に覚えられます。 「他山の石」の意味は「他人の失敗を自身に活かす」です。自分自身の失敗からではなく、周りにいる人の失敗から学んで、同じ失敗をしないようにすることを意味します。

由来は他山の石以て玉を攻むべし

由来は他山の石以て玉を攻むべし

由来は他山の石以て玉を攻むべし(画像:Unsplash

次は「他山の石」という言葉の由来を紹介します。この言葉は、「他山の石以て玉を攻むべし(たざんのいしもってたまをおさむべし)」という漢文が起源となっています。 この一節は「詩経」という有名な詩集に含まれ、「他の山から持ってきた粗悪な石も、自分の石磨きに使える」というところから転じています。ここから「悪いものや失敗も自分のために活かせるのだ」という意味になり、現在までこの意味が使われています。

他山の石の使い方・例文

使い方・例文

使い方・例文(画像:Unsplash

「他山の石」の読み方や意味は覚えられたでしょうか。意味については由来を抑えておけば忘れることもないと思います。 この見出しでは、「他山の石」を実際に使う時にどのように使えばいいかを紹介します。例文も交えて紹介しますので、使い方のイメージをしておきましょう。