職場でパワハラは起きていない?

職場でパワハラに悩んでいる、という人は珍しくありません。職場にパワハラが起きているかどうかについて改めて考えてみると、もしかしたら自分の身の回りにもパワハラが起きているかもしれないという心当たりがある人もいるでしょう。 職場にパワハラを持ち込まないためにも、パワハラとはどういったものなのかについて詳しく紹介していきます。

パワハラとは

パワハラとは、パワーハラスメントの略称です。職場内で、立場が上であることを理由に地位が下の人を精神的あるいは肉体的に苦しめることを指します。上司が部下をいじめている、というイメージが適切でしょう。 また、パワハラによって被害者が精神的、肉体的な病気にかかってしまうこともあります。そうなれば加害者は、ただ単にいじめていたなどといった軽い認識では済まされません。パワハラは糾弾されてしかるべき行為なのです。

【関連記事】ハラスメントに関してはこちら

パワハラが起こる環境

パワハラは上司がワンマンで仕切っているような環境で起こりやすいと言えます。皆で話し合うことが多いような、風通しのいい環境ではパワハラは起こりにくい傾向にあります。 上司が上から抑え付けている環境だと、パワハラは横行してしまうでしょう。内にこもりがちになってしまうと職場の中にはよくない空気が停滞してしまうのです。皆がぎすぎすしているとパワハラは起こりやすくなってしまいますから、上司の独断専行は望ましくない傾向だと言えます。

実際にパワハラとなる言動は?

パワハラが起こっている、と言われてもどういう言動がパワハラに当てはまるのか判断がつかないという場合も多々あります。 確かにパワハラは判断がつきにくいところがありますが、誰が見ても明らかにパワハラだという言動ももちろんあります。そこで、ここではそういった言動についてご紹介していきます。