1分でわかる尼崎事件

1分でわかる「尼崎事件」

  • 尼崎市内の住宅を舞台に発生した連続変死事件
  • 複数の家族が角田(すみだ)美代子に支配され、奇妙な集団生活を送っていた中で起きた
  • 角田美代子は逮捕されたが留置所で自殺、事件の真相は明らかになっていない

尼崎事件の概要

2011年11月に兵庫県尼崎市の貸し倉庫でコンクリート詰めのドラム缶が発見されます。中から1人の女性の遺体が出てきました。 しかし、これは氷山の一角でした。容疑者を取り調べていくうちに異様な人間関係と陰惨な事件の存在が明らかになったのです。「尼崎事件」の経緯について見ていきます。

兵庫県尼崎市で起きた複数家族の乗っ取り

この事件は、兵庫県尼崎市内で少なくとも25年以上にわたり複数の家族が本物の家族のように営まれていた共同生活の中で起きました。 関わった家族は、主犯の幼なじみ(のちに義理の妹となる)の結婚男性の実家、主犯の遠縁、主犯の内縁の夫の中学時代の同級生の実家、家族Cの長女が嫁いだ家、父が大手私鉄会社に勤める家、その父の実家です。

尼崎事件の主犯は角田美代子

これらの家族を巻き込み、擬似家族の中心にいた主犯の女性が角田美代子です。逮捕時63歳。 「なぜこんな老人女性が」と世間は関心を持ちましたが、とりわけ乗っ取られた家族の被害者が加害者側に回った点に興味を持ったのです。 最終的に逮捕されたのは角田美代子のほか、その内縁の夫である鄭頼太郎、義理の妹である角田三枝子、次男である角田優太郎とその妻である角田瑠衣、義理の長男である角田健太郎、義理のいとこである李正則となっています。