「テラスハウス」に出演していた木村花さんの死がきっかけに

人気バラエティ番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラーの木村花さんが2020年5月23日に急逝しました。木村花さんは「テラスハウス」での言動を巡ってSNSで誹謗中傷が相次いでいました。このことが木村花さんを精神的に追い詰め、自殺に追い込んだとみられています。 この木村花さんの死をきっかっけに俳優の的場浩司さんが「『ネットだからいいか』『有名人だからいいか』ではすまされない」とSNSでの誹謗中傷に対して警鐘を鳴らした他、藤田ニコルさん・ダレノガレ明美さん・最上もがさんなど多数の芸能人がSNSでの個人攻撃に対して声を上げています。

匿名性の高いSNSで誹謗中傷を受ける芸能人

匿名性の高いSNSでは芸能人の言動に対して誹謗中傷が相次いでいます。 2020年4月には新型コロナウイルスで亡くなった志村けんさんのニュースに対して、タレントの足立梨花さんが「1カ月以上会ってませんので大丈夫です」とツイートしたところ炎上しています。その結果、足立梨花さんはインスタのストーリーで「わたしがしねばよかったんだ」などを書き込むなど、精神的に追い詰められています。 芸能人も些細な言動の揚げ足を取られ、多数の人から攻撃されることによって精神的に追い詰められる事態が発生しています。

誹謗中傷のコメントに声を上げる芸能人

芸能人はこれまでも心無い誹謗中傷に悩まされてきました。こうした誹謗中傷に対しては必ずしも無視をしてもそれがエスカレートしていく場合もあり、無視をすることが得策ではないケースもあります。そのため、芸能人の中には誹謗中傷に対しては訴訟を起こしている人もいます。