1分でわかる銀ブラ事件

1分でわかるニュースの要点

  • 上皇陛下が無断で銀座を散策して騒ぎとなった事件
  • 当時高校生だった上皇陛下はご学友と喫茶を楽しんだ
  • 日本版「ローマの休日」とも言われている

銀ブラ事件の概要

銀ブラ事件が起きたのは1952年のことです。高校卒業を間近に控えた上皇陛下が、ご学友と誘い合わせて無断で外出し、銀座の街を散策しました。上皇陛下は大変楽しまれたようですが、すぐに発見されて散策は中止になっています。

現在の上皇陛下が高校生の時に好奇心から起こしたお茶目な事件

上皇陛下は事件の起きた1952年11月、立太子の礼が執り行われて、正式に皇太子となりました。またこの年、上皇陛下は高校を卒業して大学に進学することになっていました。 このままでは難しくなると考えた上皇陛下は、まだ自由の利く間に、当時関心を抱いていた銀座の街へ繰り出すことを思いついたようです。ご学友の橋本明さん(故人)らに相談し、東宮侍従(皇太子付きの従者)の目を盗んでこっそり外出しました。

「銀ブラ」は大正時代に生まれた俗語

「銀ブラ」は大正時代頃に生まれた俗語です。銀座をブラブラ歩くことを略して、若者を中心として「銀ブラ」の言葉が使われていました。銀座は現在でも日本有数の繁華街ですが、当時は急速に発展した新しい街で、そこを散歩すること自体は一種の娯楽だったようです。 出典には諸説あり、若者の間でが自然発生した言葉という説や、新聞の社会部が作りだした造語といった説も存在します。いずれにしても、1920年前後には「銀ブラ」は社会的に定着していたようです。