オポチュニティとは

Question

Question(画像:Unsplash

「オポチュニティ(oppotunity)」とは「機会」と訳される単語で、ビジネスシーンでは「チャンス」と明確に意味を使い分けて使われます。 ビジネスシーンでは言葉の定義を知らずに使うと相手を混乱させてしまう可能性があります。非常に重要ですので、「オポチュニティ」もここで正しい意味を確認して下さい。

オポチュニティの意味は「機会」

「オポチュニティ」とは単純に訳せば「機会」ですが、ビジネスシーンでは「自ら動いて積極的に勝ちとりにいった機会」という意味になり、自分で関連情報を積極的に収集して手に入れた売上や利益の上昇につながるビジネスやアイデアのことを言います。 そのため「オポチュニティ」にはたまたま手に入れたチャンスではなく「自らの手で掴み取った」というニュアンスが含まれます。

オポチュニティは英語では「opportunity」

「オポチュニティ」は英語の「opportunity」を日本語に訳した単語で、日本語の場合と意味は同じように「自ら動いて積極的に勝ちとりにいった機会」という意味です。 「opportunity」の関連語として「opportunus」という単語もありますが、どちらも語源をたどると「追い風が吹いている」と言ったニュアンスがあるので「勝ち取った機会」というニュアンスもここからイメージできます。

オポチュニティとチャンスの違いは能動性にある

冒頭で説明したとおり「オポチュニティ」と「チャンス」はビジネスシーンでは明確に使い分ける必要があり、ビジネスシーンで「チャンス」と言った場合は「努力せずに偶然にやってきた好機」という意味になります。 つまり「チャンス」には「棚からぼた餅」のようなニュアンスがあり、自社の売上・利益向上や自分の昇進につながるアイデアを模索した結果手に入れる「オポチュニティ」とは、その積極性が異なります。