シーシェパードとは

(画像:Unsplash

「シーシェパード」は海洋環境保護団体を目的とした団体ですが行き過ぎた思想や歪んだ環境保護愛を持っており、捕鯨やイルカ漁の妨害を働くことで有名です。また、日本の捕鯨漁を強く批判し過去には捕鯨船を沈没させたこともあります。一部では「エコテロリスト」とされ危険な思想を振りかざし危害を加える可能性ある団体として見られています。 ここではシーシェパードがどんな団体なのか、その実態について詳述します。

ポールワトソンにより設立

「シーシェパード」は1977年に、カナダ人であるポールワトソンによって設立されました。ポールワトソンは国際環境保護団体である「グリーンピース」を脱退した後、反捕鯨団体として「シーシェパード」を立ち上げています。 ポールワトソンはグリーンピースで理事を務めるまでになりましたが、「非暴力」という団体方針に反感を持つようになります。そのためより攻撃的な活動を行うために、「シーシェパード」を設立しました。 そして「シーシェパード」の活動は、時間の経過と共に過激さを増していくことになります。

鯨やイルカなど海洋生物の保護を目的とした過激な行為を行う

「シーシェパード」を率いるポールワトソンは菜食主義者で、能動的人口管理を推進しています。人間より動物を重視するという思想を持っており、鯨やイルカなどの海洋生物保護を掲げて活動を開始しました。 「シーシェパード」の活動範囲は広く、カナダ近海や日本の領海でも活動を展開しています。そして「シーシェパード」は、目的のためなら暴力もいとわないことで有名です。 そして「シーシェパード」は捕鯨船を沈没させたり漁船に発砲するなど、過激な妨害活動を展開していました。