全国的にマスクの値段が安定

新型コロナ感染拡大の影響でマスク不足が全国に広がり、「転売ヤー」といわれる人達がインターネットのオークションサイトを中心に高値で販売を始め問題となっていました。 マスクの仕入れ値は一時定価の7倍以上まで高騰しましたが、政府のマスク生産設備導入補助金により他業種がマスクの増産を始めたことで、徐々に市場にマスクが行き渡り価格が安定し始めています。

中国の終息傾向も影響

中国製マスクを輸入する業者によると、中国での新型コロナ感染拡大は落ち着きを見せており、マスクの供給過剰が起きている模様です。中国でのマスクの生産量は医療用などを含め1日1億枚といわれており、中国業者が海外への売り込みをかけています。 一方今月11日には中国全土で14人の新規感染者が出ており、治療中の患者はおよそ140人ともいわれ終息の傾向は見えるものの油断できない状況が続いています。

アベノマスクの効果も影響か

マスク不足解消の要因にアベノマスクの効果を挙げる向きもあり、17日から政府がマスクを配布することを発表したことで、供給過剰による値崩れを警戒した業者が在庫処分に走ったという推測がインターネットのSNSを中心に流れています。