前澤友作の1000億円の通帳が物議を醸した

「前澤友作」氏の1,000億円記帳問題

  • 旧ヤフーによるzozoのTOBで「前澤友作」氏に多額の株売却益発生
  • これのYouTubeへの投稿が炎上
  • 日本人の贅沢に対する価値観の議論も

【関連記事】年収700万円の生活はこちら

ヤフーによるzozoに対するTOB

(画像:Unsplash

ソフトバンクグループのZホールディング(旧ヤフー)はzozoの公開株式買付(TOB)を実施し、zozoを完全子会社化しました。 これによってzozoの創業者で社長でもあった「前澤友作(まえざわゆうさく)」氏には株式売却に伴う資金が入金されました。では具体的な動きを見てみましょう。

前澤友作は個人で保有する株式を売却し、1000億円を得た

株式の買付は10月30日から11月13日にかけて行われ、Zホールディングはzozoの発行済み株式の50.1%を保有することになりました。 買付金額は4,007億円で、zozoの創業者であり社長でもあった「前澤友作」氏も自身が保有していた37%の株式のうち19%を手放しました。 株式の売却額は1,500億円程度だったようですが、借金が500億円程度あり「前澤友作」氏の通帳に実際入金されたのは約1,020億円だったようです。

1000億円の着金が先日行われ、前澤友作はそれをyoutubeでシェア

「前澤友作」氏はこの高額な入金を「1,000億円を通帳に記帳してみた」というタイトルでYouTubeにアップしました。この投稿が「前澤友作」氏が立ち上げた公式YouTubeチャンネルへの初の投稿でした。前澤友作はこれを機にyoutuberとして活動していく意欲があることも明かしています。 通帳を記帳した理由としては借金があったため実際に幾ら入金されたのか確認したかったためだそうです。実際ZOZOの株式の売却益は約1500億円でしたが入金されたのは約1000億円 となっていました。以前からかなりの金額を使用していたことがわかります。 この投稿に対してはネット上で批判的なコメントが相次ぎ、「1,000億円をひけらかしたいのか」「ただただ下品」といった声が寄せられました。1億円のお年玉キャンペーン以来のお金にまつわる炎上でした。