アルゴリズムとは

(画像:Unsplash

アルゴリズムは今更聞けない、ビジネスシーンでは当たり前のように使われている言葉の一つです。コンピューターに関係しているのはイメージできても、あらためて聞かれると答えに窮してしまうのではないでしょうか。 最初に、アルゴリズムの正しい意味とその由来を見てみましょう。

アルゴリズムの意味は「ある問題や課題を解決する手順やフロー」

アルゴリズムは「問題を解決するための手順・計算方法」と定義されています。 ある与えられた前提から出発して、YES、NOで答えられる質問を繰り返して最終的に一定の答えを導き出すための手順(フロー)のことです。もともとはコンピューターのプログラムを作るときに使われる用語でした。 世の中は解決すべき問題や課題だらけです。もちろんビジネスにおいても例外ではありません。アルゴリズムは問題解決のための手順なので、ビジネス上の問題解決にもアルゴリズムの考え方を応用することができます。

アルゴリズムは英語の「algorithm」

アルゴリズムは英語で「algorithm」です。 アルゴリズムの由来は9世紀のアラビア人数学者の名前「アル・フワーリズミー」です。問題解決のための計算法が、当時数学者として著名だったアラビア人数学者の名前で呼ばれるようになりました。この「アル・フワーリズミー」のラテン語では「algoritmi(アルゴリトミ)」となり、さらに英語で「algorithm(アルゴリズム)」と変化しました。

アルゴリズムの使用例

(画像:Unsplash

アルゴリズムは実社会の様々な問題解決の手順のことなので我々は無意識にアルゴリズムを使っています。しかし、日常生活の中ではアルゴリズムという表現は使いません。 一般的にアルゴリズムはビジネスシーンでの日常会話や株・証券関係、プログラミングやマーケティングなどの専門用語として使われます。