小6男児にわいせつな行為や強制性交をした

長尾里香が逮捕された理由は小学校6年生に対するわいせつ行為や強制性交です。彼女は高松市で暮らす2児の母親であり事件当時はパートで生計を立てていました。 県営住宅に暮らしており決して裕福とはいえない環境であったことが伺われます。子供の父親とは暮らしておらず、実家からの援助が命綱でした。 逮捕以前にも中学生とわいせつ行為に及んでいたことが噂されており、典型的な少年性愛の持ち主だといえるでしょう。しかし何故少年と知り合うことが可能だったのかが疑問です。

男児とはゲームで知り合っていた

長尾里香は2児の母親でありながら、オンラインゲームにハマっていました。しかし目的はゲームではなく少年漁りであったと見られています。 被害に遭った小学6年生の男児と知り合ったきっかけにもなっていました。スマホの普及は日常生活を便利にしただけでなく、多くの人々と画面上でのコミュニケーションを可能としました。 彼女はこの仕組みを利用し言葉巧みに男児を誘い出すことに成功します。現代ならではの手口であり、子供をもつ親にとっては脅威といえるでしょう。