シチュエーションとは

「シチュエーション」というワードは、会話にも出てくることも良くあるので聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 この記事では、「シチュエーション」の意味や正しい発音そして使い方・例文まで、徹底的にご紹介します。この記事を読んで使い方を理解したら、ぜひ実際に会話で使ってみてください。

シチュエーションの意味は「状態・状況・境遇」

「シチュエーション」の意味は「状態・状況・境遇」です。 辞書で引くと、「立場」や「事態」と出てくる場合もあります。基本的に、何か・誰かが置かれた状態をさして、「シチュエーション」と言います。 日本で使われる「シチュエーション」は、ラテン語の語源を通して英語となったものです。次のセクションでは英語のsituationについて少し見て、理解を深めてみましょう。

シチュエーションの英語は「situation」

シチュエーションの英語は、「situation」です。 この単語の起源をたどると、ラテン語のsituationemもしくはフランス語のsituationからきていると言われています。同じくラテン語のsitus (場所・立場を表す語)にも影響を受けていると言われています。 詳しく発音を見てみましょう。

「シュチエーション」は誤りで「シチュエーション」が正しい

Situationの発音で、誤って「シュチエーション」と仰る方がいますがこれは間違いで、正しくは「シチュエーション」です。 英語での発音では、カタカナ表記では「スィチュエイション」に近く、アクセントは「エイ」の部分になります。「ション」の部分は、「シュン」に近い発音で、他の英単語と同じように最後の「ン」は強調しすぎないようにしましょう。