犯人はカン・ジョ・テッ容疑者で指名手配されていた

逮捕されたのは、ミャンマー人の技能実習生、カン・ジョ・テッ容疑者です。報道などによると、テッ容疑者は2月16日の夕方、塗装会社の食堂で同僚のエイ・テツ・ジョーさんを刃物で刺すなどして殺害したとみられています。 事件後、テッ容疑者は姿をくらましたため、警察は殺人容疑で指名手配しましたが、18日午前0時頃、塗装会社の前の路上で立っていたところを逮捕されました。 2人は塗装会社で技能実習生として働いていたそうです。

エイ・テツ・ジョーさんは背中を刃物で刺され死亡

殺害されたエイ・テツ・ジョーさんは塗装会社の2階にある食堂で発見されました。17日朝になって気づいた会社関係者が110番通報しましたが、既に亡くなっていたそうです。 発見されたとき、ジョーさんは血を流していて、背中には刺し傷がありました。死因は出血多量です。 会社の関係者によると、2人は1カ月ほど前からこの会社で働いていて、事件のあった16日は休みでした。2人が喧嘩をしていたという情報もあります。