アライアンスの意味は「同盟・提携・連合」

(画像:Unsplash

アライアンスというのは日本語で「同盟、提携、連合」といった意味を持ちますが、シーンによって意味が少し変わる場合があります。では、詳しい意味や使い方を見ていきましょう。

アライアンスは主に企業間での業務提携の意味

日本のビジネスシーンやメディアで用いられる「日本語」としてのアライアンスは主に、複数の企業による業務提携の意味で用いられます。 ここでのアライアンスは下請けなど主従関係が生じる関係性ではなく、事業における企業同士の関係性が等しい際に用いられるという点に注意しましょう。

アライアンスは英語のallianceに由来

次に、アライアンスの原義を紹介します。 アライアンスは英語の「alliance」に由来しています。 英語の「alliance」にも「同盟、提携、協力」という意味があります。この点は日本語のアライアンスの意味にも通じています。 また英語の「alliance」にも、上下関係という意味は含みません。上下関係のことを指して間違えてしまうとコミュニケーションにおいて大きなズレが生じる場合もあるので、十分注意しましょう。

アライアンスの使い方と例文

(画像:Unsplash

アライアンスの意味がわかったところで、実際にアライアンスの使い方とそれに対応する例文を見ていきます。