アルベール2世の隠し子問題

ベルギー元国王アルベール2世は2013年に退位しましたが、この時に退位した理由の1つが隠し子騒動から逃れるためではないかと言われています。その後7年間にわたる訴訟にまで発展した、アルベール2世の隠し子騒動とはどういったものだったのでしょうか?

デルフィーヌ・ボエルさんがアルベール2世に対し訴訟を起こす

アルベール2世に不倫関係により生まれた非嫡出子がいるという事実は、ベルギー国内では多くの人が知る秘密でした。 このことが大々的に暴かれたのは、アルベール2世が退位した後に行われたシベル・ド・セリス=ロンシャン男爵夫人のインタビューでした。彼女は自身の子で彫刻家として活動しているデルフィーヌ・ボエルさんが、アルベール2世に認知されていない非嫡出子であることを明らかにしました。 しかしベルギーでは国王であるアルベール2世には訴訟を起こされないという不訴追特権があり認知を強制するための訴訟が起こすことができませんでした。そしてアルベール2世の国王退位に伴って特権が失効となったことから、デルフィーヌ・ボエルさんは2013年に認知を求める訴訟を起こしました。

アルベール2世のDNA鑑定に対する非協力的な態度

デルフィーヌ・ボエルさんの認知を巡る訴訟で、アルベール2世は一貫して非協力的な姿勢をとり続けました。2018年11月、アルベール2世は裁判所からDNA鑑定を指示されましたが、これを断固拒否しています。 2019年5月、裁判所はアルベール2世に対して、DNA鑑定が行われるまでデルフィーヌ・ボエルさんに罰金を支払うよう命じる事態にまで発展しました。罰金は1日あたり日本円で約60万円でした。 終始頑なな態度だったアルベール2世ですが、この罰金命令が下ってからようやくDNA鑑定に応じました。