栄枯盛衰の読み方は(えいこせいすい)

栄枯盛衰の読み方

栄枯盛衰の読み方(画像:Unsplash

「栄枯盛衰」は「えいこせいすい」と読む四字熟語です。 それぞれの漢字の読み方は「栄」は「エイ」「さかえる」、「枯」は「コ」「かれる」、「盛」は「セイ」「さかえる」「もる」、「衰」は「スイ」「おとろえる」です。 「栄枯盛衰」は全て漢字の音読みを合わせた表現です。また、「衰(おとろえる)」を「哀(かなしい)」と表記するのは間違いなので、注意が必要です。

栄枯盛衰の意味は「どんな勢いにも盛んな時と衰える時があること」

栄枯盛衰の意味

栄枯盛衰の意味(画像:Unsplash

「栄枯盛衰」は「どんな勢いにも盛んな時と衰える時があること」「栄えたり衰えたりする人の世のはかなさ」という意味があります。 「栄えては枯れ、盛んになっては衰える」の様に1つずつ意味を考えれば分かりやすくなります。また、人の歴史では栄枯盛衰が幾度となく繰り返されているため、「永遠に続くことのない世の中のはかなさ」を表現する意味にもなっています。

栄枯盛衰の使い方・例文

栄枯盛衰の使い方・例文

栄枯盛衰の使い方・例文(画像:Unsplash

次の見出しでは「栄枯盛衰」の使い方を説明します。 ここまでに紹介してきた「栄枯盛衰」の意味が分かっていれば使い方は簡単ですが、やや特殊な慣用表現も紹介します。「栄えては衰える」という意味を確認しながら読んでみてください。

例①栄枯盛衰は世の習い

1つ目は「栄枯盛衰は世の習い」という表現です。 ・様々な企業が成長しては廃業をしているが、この企業の栄枯盛衰は世の習いだ。 「栄枯盛衰は世の習い」とは「物事が隆盛したり衰退することは、世の中でよく起こる出来事」という意味です。例文は企業の成長と衰退はよくあることだということが表現されています。