いきなりステーキの奇策の数々

いきなりステーキの奇策の数々

  • 急成長したいきなりステーキの売上が大幅ダウン
  • いきなりステーキは食べ放題サービスを導入するも、厳しい意見が相次ぐ
  • 不採算店舗のフランチャイズを募集するなど迷走

株式会社ペッパーフードサービスの運営するチェーン店、いきなりステーキは2018年までに全国で300店を超える人気店となりました。ところが2019年になって25億円の赤字を排出するなど、突然失速しました。 いきなりステーキでは社長直筆の張り紙や食べ放題を実施し、客足の回復を狙っています。一方でフランチャイズにも乗り出していますが、不採算店の丸投げではないかと批判の声が上がっています。

いきなりステーキの60分食べ放題サービス

株式会社ペッパーフードサービスは新しい施策として、いきなりステーキの一部店舗で食べ放題サービスの試験的導入を発表しました。 今後は他店舗でも順次拡大していく予定とのことですが、こちらのサービスについて否定的な意見が相次いでいます。どのような点が問題なのでしょうか。

最低1kgは食べなければ損をする

いきなりステーキ食べ放題サービスは大人60分3980円、小学生以下は60分1980円となっています。今回のいきなりステーキ食べ放題サービスで一番問題とされているのはこの料金設定です。 食べ放題サービスに含まれるワイルドステーキ300gは、通常価格1390円のメニューです。3980円の元を取ろうと思うと、少なくとも3皿食べなければ損をする計算となります。 300gと言えば一般的な成人男性が満足感を覚える量です。その3倍の量でなければお得感が出ないこと、また焼き上げにも時間がかかることから、60分という時間制限を考えるとあまり食べられないのではないかと批判されています。

サラダ、飲み物などは別料金

いきなりステーキ食べ放題サービスのもう1つの問題点は、食べ放題対象メニューの少なさです。 対象となっているのはワイルドステーキ、ワイルドハンバーグ、スパイシービーフカレー、そしてライスのみです。ワイルドステーキとワイルドハンバーグはグラム数が2種類あるとはいえ、実際の選択肢は4品しかありません。 このわいるどステーキがメニュー内で比較的安価であることも、ユーザーから不満の声が出る一因となっています。さらにサラダ、飲み物などは別料金となっており、お得感よりも割高感の方が強くなっています。