36(サブロク)協定とは

36協定(さぶろくきょうてい)は労働基準法第36条を基づいて定める協定であるためこのように呼ばれています。具体的に何を定めるかというと、労働者の時間外勤務の時間や休日の労働についてです。経営者による労働の搾取を防ぐ意味でも極めて重要な協定です。

労働基準法に基づいた、時間外・休日労働に関する協定届のこと

労働基準法では労働者を保護するため、時間外労働や休日労働に関する規制を定めています。 代表例は使用者は労働者に休憩時間を除いて1週間40時間を超えて労働させてはいけないという規制です。しかしこれらの法の規制は必ずしも特定の企業にマッチしないことも考えられます。 そういった場合には労使間で協定を定め、別の取り扱いにすることができれば便利です。これが36協定であり、協定を定めた場合労働基準監督署に届け出なければいけません。

法定労働時間外・休日に労働させる場合に必要

具体的に労働基準法で労働時間や休日はどうなっているのでしょうか。例えば労働時間は1週間40時間、1日8時間以内が原則です。 なお労働組合との合意や就業規則で特定の週だけ例外を定めることが可能です。会社の繁忙期だけ1日9時間労働にするとかいったケースが考えられます。 また休日については毎週少なくとも1日は与えなければならないとされています。このような法定労働時間や休日と異なる労働をさせる場合に36協定が必要になります。