行脚とは

「行脚」という言葉の正しい読み方や意味を知っていますか。普段の生活で頻繁に使われる言葉ではありませんが、「各地を回る」という意味を伝えたい時にはよく使われます。 この記事では、「行脚」と似た日本語や「行脚」を使った四字熟語や例文も紹介しますが、この見出しで正しい読み方と意味を押さえておきましょう。

行脚の読み方は「あんぎゃ」

「行脚」は「あんぎゃ」と読む漢字です。それぞれの漢字は「行」は音読みでは「ギョウ」、訓読みでは「いく」「おこなう」と読みます。一方で「脚」は音読みでは「キャク」「キャ」、訓読みでは「あし」と読みます。 つまり、「あんぎゃ」という読み方は「行」と「脚」それぞれの読み方から来る読みではなく、特殊な読み方なので、特別に覚えておく必要があります。

行脚の意味①「僧が各国に赴き修行をする」

「行脚」には2つの意味がありますが、1つ目の意味は「僧が各国に赴き修行をする」です。「行」と「脚」それぞれの言葉の意味から導かれる意味ではありませんが、僧侶が修行のために諸国を歩いて回ったことをイメージすれば「脚で行く」という意味が理解できます。 また、この「僧侶が修行のために諸国を練り歩く」という意味で使われる場合は、仏教用語になります。

行脚の意味②「様々な場所を歩いて旅すること」

「行脚」の2つ目の意味は「様々な場所を歩いて旅すること」という意味です。これは1つ目の意味の仏教的なニュアンスがなくなり、あらゆるシーンで「各地を回る」場合に使われる言葉になっています。 また、「歩いて旅をする」という意味から更に意味が拡大されて、政治家や人気アーティストなどが車や飛行機など移動手段を選ばずに各地を何らかの目的で回る時にも、「行脚」という言葉が使われるようになっています。