1分でわかるてるみくらぶ

てるみくらぶとは

  • 山田千賀子が運営する格安旅行の代理店
  • LCCの台頭などが原因で経営破綻
  • 旅行者のみならず内定者にも被害が

てるみくらぶは格安の旅行代理店として旅行業界でも有数の企業として知られていました。しかし、ご存知の通り、2017年3月に自己破産申請をして経営破綻しました。 ここでは、てるみくらぶがどんな旅行会社だったのか、何故経営破綻をせざるを得ない状況に陥ったのかについて解説します。

てるみくらぶは格安旅行の代理店

てるみくらぶは格安旅行の代理店です。前身はアイ・トランスポート株式会社てるみくらぶ事業部であり、1998年に分社・設立されました。 オンライン予約ができる自社ウェブサイト「てるみくらぶ」を運営しており、海外ロケが多いテレビ業界でもよく利用されていました。 また、ハワイや台湾などの一都市滞在型ツアーを展開し、国内外に営業拠点を数多く設け、業界内では一定の地位を築いていました。

てるみくらぶは経営破綻した

2017年3月27日、てるみくらぶはすべての業務を停止しました。東京地方裁判所に対して、自己破産申請を行い、事実上の経営破綻をしたのです。同じ日に、東京地方裁判所より破産手続き開始決定の通知を受けました。 てるみくらぶが経営破綻した時の負債額は約150億円です。さらに、同時に自己破産を申請して経営破綻した「自由自在」などの関連会社と合わせると、総負債額はおよそ220億円にのぼりました。

てるみくらぶの破綻の原因

てるみくらぶの経営破綻はビジネスモデルの転換が図れなかったことが主な原因です。 2012年頃からLCC(格安航空会社)の台頭などによる環境変化が著しく、てるみくらぶはそれに付いていける新たなビジネスモデルを打ち立てることができず、赤字商品を販売することで何とか運転資金を確保していました。 しかし、赤字商品販売による債務超過が増加し、返済不可能となったため、経営破綻せざるを得なくなったのです。