「absolutely」の例文 ③

「absolutely」は会話の中で相づちとしてもよく使われます。

上記の例文は「完全に」「絶対に」という意味が転じて、強い肯定を表しています。また、"not"と一緒に使うと強い否定を表すことができます。

No.と言うよりも、「ありえない」「絶対にない」と「可能性が0である」という意味になり、否定の意味が強調されます。 ネイティブスピーカーたちは「Absolutely.Absolutely not.」を会話の中で頻繁に使用するので、耳を傾けてみるとすぐにこの単語をキャッチすることができるはずです。

「absolutely」の類語は「exactly」「definitely」「totally」「perfectly」

(画像:Unsplash

「absolutely」の類語は4つです。 「exactly」は「正確に」という意味ですが、会話の中で「まさに」「その通り」という相づちとしてもよく使われます。

「definitely」は「絶対に」「間違いなく」という意味です。

「totally」と「perfectly」はは「まったく」「すっかり」という意味です。

どれも"absolutely"と同様に強調のために用いられる副詞です。

まとめ

(画像:Unsplash

「absolutely」の意味や発音、使い方について理解することはできましたか。 「exactly」、「definitely」、「totally」、「perfectly」といった類語も同じ使い方ができるので、「absolutely」と一緒にマスターしておきましょう。 正確に使うことができると英語のレベルがアップします。ぜひ、積極的に会話や文章の中で使用してみてくださいね。