福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要

「福島女性教員宅便槽内怪死事件」は再捜査が求められるも「覗き目的」の事故事件として終息しました。釈然としない捜査結果に対して批判的な意見を持つ人も多く様々な憶測が流れています。未だに釈然としない事件の概要とは如何な内容だったのでしょうか。

女性教員が自宅に帰宅すると便槽内に人の姿が

事件は1993年2月に福島県田村郡都路村で発覚しました。20代前半の女性教諭が自宅に帰宅し、トイレに入ったところ便槽内に人の姿らしきものを発見します。 当時のトイレは汲み取り式が多く残っており、容易に便槽内を覗き込むことが可能でした。しかしトイレ側からはハッキリと確認できなかったため、屋外の汲み取り口に回ることにします。 普段汲み取り口はマンホールで塞がれていますが、当日はマンホールが外れていました。中を覗き込むと明らかに人の姿が確認され事件が発覚されることとなりました。

女性教員は同僚や警察に助けを求めた

汲み取り口から人の姿を確認した女性教員は驚きを隠せませんでした。気が動転したことは容易に想像されますが、自分一人では到底どうしようもできないことから同僚らに助けを求めます。 先に駆けつけた同僚が警察に連絡し、教頭や地元消防団などが集まりました。警察や消防団は必死に救出を試みるも狭い便槽内に入り込んだ人体を脱出させるのは簡単ではありません。 結局人力での救出は諦め重機を用いることとします。汲み取り口を重機で破壊し救出されたのは20代の男性でしたが、既に死亡していました。