史上稀に見る高温のオーストラリア

オーストラリアの気象局は今年に入り「2019年は観測史上で最も熱くて乾燥した1年だった」と発表し、今回の森林火災の影響の一つであるとしました。 先月18日には12月史上初めての41.9度を記録し、すべての州で連日の気温が40度を超える日が続いています。 南半球のオーストラリアは乾燥する夏をむかえて例年12月頃に森林火災が発生するとはいえ、近年の火災の規模が段々と大きくなっていることが問題視されています。

500万平方ヘクタール以上の面積が燃える

今回の火災の延焼面積は推定1,000万ヘクタールともいわれ、既にイギリスの国土に匹敵するほどの面積が焼き尽くされました。 最も被害を受けている東部のニューサウスウェールズ州では500万ヘクタール以上に影響を及ぼし、2000軒近い住宅が全焼しています。 ビクトリア州や南オーストラリア州も被害が大きく火災で丸ごと破壊された街や、アデレードヒルズ地区のワイン生産の3分の1に相当する1,100ヘクタールが焼失した可能性があるとされています。

昨年9月からの火災で多くの犠牲

(画像:Unsplash

昨年9月から発生したこの火事は、5か月経っても未だ鎮火せずに多くの犠牲を出しています。 火災より立ち昇る煙はオーストラリアのみならず、1万km以上離れた南米のチリやアルゼンチンでも観測されるほどで、今後さらに被害が拡大される見通しです。現在の被害について以下で説明します。