傀儡(かいらい)の意味は「他人のいいなり」

傀儡の意味

傀儡の意味(画像:Unsplash

「傀儡」は「かいらい」「くぐつ」「でく」と読むやや難しい言葉ですが、政治に関するニュースや書籍などで見かけることもある言葉で、正しい意味を理解しておく必要のある言葉です。 「傀儡」の意味は「他人の言いなりになること」という意味です。現在は「傀儡国家(かいらいこっか)」「傀儡政権(かいらいせいけん)」のように政治について言う時に使われることが多いです。 「傀儡」とはもともと「あやつり人形」のことですが、あやつり人形は自分の意志で動くことができず、舞台裏にいる傀儡師によって動かされます。このアナロジーから「自分の意思で行動しないこと」「他人の言いなりになること」という意味になりました。

傀儡の類語は「偶人・操り人形・マリオネット」

傀儡の類語

傀儡の類語(画像:Unsplash

「傀儡」の類語には「偶人」「操り人形」「マリオネット」の3つがあります。 それぞれの言葉は全て「人形」という意味は全く同じですが、微妙にニュアンスが異なる言葉もあります。人形としての特徴に少しずつ違いがありますので、それについて紹介していきます。

「傀儡」と「偶人」の違い

「傀儡」と「偶人」の違いは、「あやつり人形」か「普通の人形」かです。 「偶人」の読み方は「ぐうじん」「でく」で、「人形」という意味です。「偶人」は普通の人形のことなので、「あやつる」という意味は含まれません。 一方で「傀儡」は紐をつけたり、仕込まれた様々なからくりによって動く人形なので、あやつる仕掛けのない「偶人」とは意味が異なります。

「傀儡」と「操り人形」の違い

「傀儡」と「あやつり人形」の違いはなく、全く同じ意味です。 「傀儡」を平易な日本語に直すと「あやつり人形」という言葉になるので、「傀儡」と「あやつり人形」には違いはありません。 実際に使う場合には「傀儡」の方がより硬い表現になったり、古い言い方になるのでそうした文体にしたい場合に使うと良いです。一方で「あやつり人形」はより平易な表現になるので、柔らかい文体にしたい時に使うと良いです。