スペインが非常事態宣言

1分でわかるニュースの要点

  • スペインでは非常事態宣言を発動
  • アジアからヨーロッパに感染拡大
  • アメリカも事態を注視

新型コロナウイルス感染者が拡大するスペイン

新型コロナウイルスの脅威はアジアからヨーロッパに舞台を移したといえるでしょう。スペインでは感染者が短期間のうちに6,000人を超えました。イタリアではさらに感染者が増えています。 ヨーロッパの国々では拡大防止策に尽力している状況です。アメリカもこの事態を注視しており、もやは世界規模の問題だといえるでしょう。

感染者が6000人を超え首相夫人も感染

感染者が6,000人を超えたスペインでは、首相夫人までも感染が確認されています。スペインといえばサッカーが盛んなことでも有名ですが1部リーグ、2部リーグとも開催を見合わせています。 再開の目途は立っておらずチャンピオンズリーグ開催の可否を含め、事態は深刻度を増すばかりです。首相夫人の感染、サッカーリーグの中止などスペイン国民は不安で憂鬱な日々を送っています。

非常事態宣言で外出などを制限

スペインのサンチェス首相は最悪の事態を回避するため非常事態宣言を発動しました。国民は外出を制限され自宅待機を余儀なくされています。SNSではスペインに住む人々の不安な様子が伝えられている状況です。 サンチェス首相は本当の闘いはこれからだと表明しており、並々ならぬ覚悟を感じさせます。スペインをはじめ、ヨーロッパ諸国の対策に注目が集まります。