神保町駅で痴漢の容疑

元SPが地下鉄構内で逮捕される事件が発生しました。地下鉄内での痴漢行為を疑われ、逃走中に捕まえようとした男性を階段に突き落とし重傷を負わせた障害容疑です。事件はどのようにして起こったのでしょうか。元SPの過去の事件にも切り込みます。

品田真男容疑者を追った男性が突き落とされる

逮捕されたのは元警視庁SPの品田真男容疑者でした。SPは大臣などの要人を警護する警視庁のスペシャリストです。品田真男容疑者はかつて当時の高市早苗内閣府特命担当相の警護を担当するSPでした。 品田真男容疑者は2月17日朝、地下鉄都営新宿線の電車内で痴漢行為をしていたと疑いをかけられ逃走しました。都営新宿線神保町構内を逃走する品田真男容疑者は彼を捕まえようとした20代の男性ともみ合いになり、階段から突き落として重傷を負わせました。 品田真男容疑者は重傷を負った男を残してなおも逃走しようとしましたが、周囲の男性達に取り押さえられ傷害容疑で現行犯逮捕されました。

被害男性は頭蓋骨骨折の大怪我で重体も回復傾向にあり

品田真男容疑者に突き落とされた男性は頭蓋骨骨折の重傷で一時意識不明でしたが、現在は意識が戻り会話もできるようになった模様です。 被害者男性の妻はツイッターで「意識が戻りほっとしている。本当によかった。」とコメントしています。 なお品田真男容疑者は痴漢行為を認めておらず、男性への傷害に関しても腕をつかまれたので振りほどいただけと容疑を否認してます。