fine

「fine」 も「素晴らしい」と訳しますが、実際に使われる場合は「good」や「nice」と同程度の素晴らしさの表現になります。 ・We have a fine selection of ingredients. (素晴らしい食材を取り揃えております。) 「fine」の語源は「fin(終わる)」です。つまり「これ以上よくすることが出来ない」というニュアンスが含まれます。「good」や「nice」と同じ程度の表現ですが、この2つよりはやや丁寧な表現として使うことが出来ます。

excellent

「excellent」 は「他の人よりも抜きん出ている」というニュアンスになります。 ・We selected 100 excellent companies . (素晴らしい会社を100社選出しました。) 「excellent」を意味ごとに分解すると、「ex(外へ)」「cel(上げる)」「ent(性質)」となり、ここから「他よりも優れた」というニュアンスになっています。実際の訳し方は「優秀な」「優れた」「抜きん出た」「抜群な」などが考えられます。

marvelous

「marvelous」 は「驚くような素晴らしさ」の時に使います。 ・He made a marvelous discovery that caused a shock to the industry. (彼は業界に激震が走るほどの素晴らしい発見をした。) 「marvelous」の語源はフランス語の「merveillus」で、「驚くような」という意味があります。つまり「驚くような素晴らしさ」の時に使いますが、実際は「wonderful 」よりも驚きのレベルは高くなります。

lovely

「lovely」 は「可愛らしい」「愛嬌がある」「愉快な」というニュアンスになります。 ・The weather was more lovely than I expected yesterday. (昨日は思っていた以上にいい天気だった。) 例文では天気について「lovely」を使っていますが、「心が晴れやかになるような天気」という意味で「lovely」を使っています。またイギリスで使う場合は「Thank you」と同じ意味で使うことも出来ます。