素晴らしいの英語表現

素晴らしいの英語表現

素晴らしいの英語表現(画像:Unsplash

仕事でも日常生活の中でも、人を褒めたりする時に「素晴らしい」という言葉を使いますが、英語表現では状況に応じて多種多様な「素晴らしい」の表現方法があります。 まずは、この見出しで10個の「素晴らしい」の表現方法を紹介しますので、それぞれの使い方の違いを理解していきましょう。

wonderful

「wonderful」 は「素晴らしい」と表現する時に、もっとも一般的に使われる表現です。 ・What a wonderful world. (なんて素晴らしい世界なんだ。) 「wonderful」は「wonder(驚き)」「ful(満ちている)」という意味から、「驚くほど素晴らしい」「驚嘆するほどすごい」というニュアンスになります。例文では「世界は驚きに満ち溢れた素晴らしい世界だ」というニュアンスになります。幅広いシーンで使える表現で、非常に便利な単語です。

great

「great 」 は「優れた」「大きい」「偉大な」といった表現で、最も平易な「good」や「nice」よりもう1段階高いレベルの褒め言葉です。 ・He had great results in this company. (彼はこの会社に大きな結果を残していった。) 「great 」の語源は「大きい」なので、大きさや物事の結果について「その程度がものすごく大きい」というニュアンスが含まれます。例文では残した「結果の大きさ」について話していて、「偉大な」に近いニュアンスになっています。

fantastic

「fantastic」 は「普通では考えられない素晴らしさ」という意味です。 ・Thanks to everyone, I could have a fantastic birthday. (みんなのおかげで素晴らしい誕生日を過ごせた。) 「fantastic」を分解すると「fanta(空想の)」「tic(〜のような)」となるので、「空想的な素晴らしさ」というニュアンスがあります。「大きさ」のイメージか「空想のような」かによって、「great」と「fantastic」を使い分けましょう。