様々なシーンでの英語の挨拶

(画像:Unsplash

英語の挨拶の言葉には、たくさんの種類があります。ネイティブと会話する時、英語の挨拶表現がわからなくて戸惑った経験がある人も多いのではないでしょうか。 英語の挨拶表現を学びシーンに応じて使い分けることで、スマートに会話を始めることができます。

日常生活での挨拶の英語

(画像:Unsplash

日常的な場面では「Hello」など汎用性の高い表現ですませることができても、年末年始や乾杯の音頭など、特定の場面ではどのように挨拶すればいいか戸惑ってしまうことがあります。また、メールでの挨拶ならではの表現もあります。場面に応じた表現を使えるようになることが重要です。

「友人や家族に対する挨拶」の英語

時間帯に限らず使える挨拶の表現として、「こんにちは」に該当する「Hello」があります。同じ意味で「Hi」「Hey」となるに従い、より砕けた表現になります。 ・How are you? (元気?) ・What’s new? (何か変わったことある?) ・How’s everything? (何もかも順調?) 友人や家族への挨拶として、疑問文を使う場合もあります。

「新年の挨拶」の英語

新年の挨拶の例文は下記の通りです。 ・Happy New Year 2019! (2019年あけましておめでとう!) ・I wish you a Happy New Year. (あけましておめでとうございます。) 親しい相手には1つ目の表現を使います。2つ目は相手との関係性にかかわらず、汎用的に使える表現です。